腟トリコモナス症の基礎知識!腟トリコモナス症は早期治療が大切

腟トリコモナス症はトリコモナス原虫が体内に入ることで感染する性病です。主な感染源は性交渉ですが、感染者とのお風呂やタオルを共有することでも感染します。腟トリコモナス症はどのような病気で、どんな検査や治療があるのでしょうか。

*

腟トリコモナス症かなと思ったら早期に治療

   

腟トリコモナス症を治療しないとどうなる?

腟トリコモナス症は尿生殖路の感染が一番多いですが、産道感染もあるので油断は禁物です。また母子感染のリスクも小さくありませんから、妊娠中も油断しないで気を付けることが大切です。

治療はまず病原虫の顕微鏡観察から始まり、体内に存在が確認されれば服薬を行う流れとなります。場合によっては膣剤が併用出来るので、女性にとっての治療法は決して少なくありません。

仮に症状を放置した時は、尿道炎や膣炎、それに子宮頸管炎の発症へと発展します。更に悪臭が発生したり、黄色で泡沫状の下り物が分泌されるなど、日常生活に支障を来し始めます。

排尿や性交時に不快感を覚えたり掻痒感や灼熱感も起こるので、我慢を続けるのは困難です。下腹部の痛みも珍しくありませんから、腟トリコモナス症を疑ったら、なるべく早期に診察を受けるのが賢明です。

一般的には約10日程の潜伏期間を経て、いずれか一つかまたは複数の症状が現れます。男性にも感染することはありますが、この場合は無症状だったり尿道に痒みを覚えるのが女性との違いです。

腟トリコモナス症の治療はどこに行けば良い?

気になる症状が腟トリコモナス症の症例に当てはまる時は、何科の病院に行けば良いのかと疑問に思われます。腟トリコモナス症は泌尿器科でも診てもらえますが、通常は産婦人科を選ぶのが無難です。

というのも産婦人科は女性に特化していて、しかも他の症状にも強みを持っているからです。泌尿器科でも勿論診てもらうことは出来ますし、男性であれば迷うことなくこちらを選んだ方が良いでしょう。

他の科を選んで病院に行った方が良いケースがあるとしたら、それは口の中や喉に違和感を感じた場合です。このケースでは耳鼻咽喉科がベストで、経路や感染の事実を確認してもらうのに有効です。

性行為が原因に疑われる際は、他の感染症の確認も必要になることがあります。そういった場合もまずは気になる症状に対応する科を選び、そこでハッキリとさせることが重要です。

感染性故に、共有される便座やタオルなどを介して家族にもうつります。診断や治療が遅れると厄介なので、症状を疑い何科に通うのが良いか分かったら、勇気を出して早めに診てもらいましょう。